福田洋也のみならず、摩天楼オペラの耀さんやMY FIRST STORYのTeruさん、クレイジーケンバンドの小野瀬さん・新宮さん、GRANRODEOの瀧田さんなど、皆様もご存じのミュージシャンの方々も愛用しているCOMBAT GUITARS。

ギター・ベースのオーダーはもちろん、修理・リペアも定評があります。

また、オリジナルエフェクターや要望に応じたエフェクターボードの組み込みもしています。

 

そんなプレイヤーのこだわりをとことん叶えてくれるCOMBAT GUITARSの本田社長に福田洋也モデルについてお話を聞いてきました。

 

今回たくさんお話しいただけたので【ギター編】と【エフェクター編】の二部に分けて掲載いたします。

Photo by Makoto Watanabe

八王子にある直営店ARMS FACTORYにて。

快くインタビューに応えていただいた本田社長

GWS(以下G):

今日はよろしくお願いします。

それでは福田洋也モデルギターについてお伺いいたします。

Hiroyaモデルの特長から・・・

まず気づいたのは、センターピックアップの位置が普通のギターと違うようなのですが?

本田社長(以下H):

あれはANTHEMの時のalbum「BOUNT OF BREAK」の中の曲「SOLDIER」の音を使いたいから、センターピックアップはここの位置にという指定だったんだよ。以前の某E社のギターと同じ位置にしてあるの。

G:この位置はすごく気に入ってると聞いています。

H:うん。どうもレコーディングの時は違ったらしいんだけどさ、SOLDIRSを弾いていく中で洋也さん的にツボった位置みたいだね。リアに近いから通常のセンター位置と比べて芯があって、分離が良いからじゃない?

G:ネックについてはどうですか?

H:特に特徴的な部分はないけど、やや薄めのUグリップだね。ヘッド形状は福田洋也オリジナルデザインね。

G:ほかにもCOMBAT GUITARのHiroyaモデルの特長ってありますか?

H:もちろん(笑)

そうだなぁ・・やっぱりブリッジのセッティングじゃない?

普通はボディトップからブリッジプレート部分が少し出っ張っているんだけど、それを面一になるようにちょっと低いセッティングにしてあるんだよね。要はプレート分落とし込んであって、通常のギターよりも厚みでいったら1.5~2.0mmくらいかな?ブリッジがちょっと低い感じになっているのよ。

これってプレイアビリティーに直結だから洋也さんの大きな拘りなんじゃないかな?しかもブリッジ落とし込んであるけどアームアップ出来ないようにブリッジベタ付け。FRTってプレートの下に板バネが付いてるんだけど、それまで外取りして完全ベタ付けになっているのね。あのギターはDチューナー付いてるからベタ付けにしちゃうとドロップ用のツマミを外すことが出来なくなるから落とし込み部分の加工が一工夫必要だったんだよね。

実は結構大変だった(笑)

H:それと、ボディ厚ね。

普通のギターって45mmなんだけど、洋也さんのは2mm厚くしてあるんだよ。そうするとボディの質量が増えるでしょ?あのギターは空隙率が低くて堅い木材を使っているから良い感じで音の芯が太くなってドスンと輪郭がある低音になるのさ。

そうそう、黒と黄色のギターとバーナーのギターはボディ材違うんだよ。

(今までのギターを含めて)黒と黄色のギターはアルダー材で作っていたんだけど、バーナーはアッシュ材を使用してるんだよ。

アッシュのほうが音域のレンジは広いんだけど、その分聴感上の鳴り方がフラットに聞こえちゃうのね。材料の持ってる音域特性が特化したところがない分バランス良いけど、聴感上バランス良く聞こえるかといったら意外とそうでもない。

人間の不思議、ファジーだからな(笑)

再生される周波数のバランスが良いと逆にフラットすぎちゃって、実際は芯がないように聞こえちゃう傾向が強いからね。その分アタックとかが強くなるように振動伝達が早い高密度な材料を選ばないとだめなんだよね。

重くはなるけれど、振動の減衰率も低くなるからサスティーンモ良いし、歪ませてRockやると抜群に気持ちいいよ。

G:ほんと、洋也さんのギター重いですよぉ!

福田洋也オリジナルヘッドと

Dチューナー付きフロイドローズ

H:でしょ?

軽い材料使っちゃうと低音がボケちゃうからね。そこは仕事で使うギターなんだから、洋也さんには体鍛えて重くても耐えられる体作りをしてもらわないとな(笑)

ちなみに、黒と黄色のギターはアルダーだから、ミドルにピークがあるから比較的音の輪郭がはっきりするのね。だから、アッシュ材で同じようにエッジを立てて弾きたいのであれば、アルダーより重い材料を使ってあげないとダメなんだわ。

基本洋也さんのplayからするとメインは歪ませて使うが前提だからね。

G:私は今までのHiroyaモデルの中で、COMBATの歪みが一番好きです。綺麗に前に出てくるような・・・うまく説明できませんけど(汗)

H:ありがとうございます。何も出ないよ?(笑)

そうそう、あとキルスイッチ搭載してるじゃん。

マシンガン奏法が簡単にできる。と、いうここ最近、何年かの流行りだね(笑)

ほかにもLEDとか、実は結構『流行の機能』を突っ込んであるギターだよね。

G:今LED付けてる方増えましたよね?

H:そうだねぇ。ステージで暗転してるときなんかは抜群使いやすいはずだよ。デメリットは作るのが手間で、結構値が張っちゃうんだよね。あれがもう少し安く出来るともっと普及するだろうね。

そういえば、普通LEDのON・OFFスイッチは表に付けるんだけど、洋也さんのは裏パネルの所にジャガーとかでよく使うスイッチを埋め込んで使ってるの。それと、あの指板の1128は作るのが超大変だったんだよ。これは洋也さんも知らないことだね(笑)

(私は聞きましたがあえて伏せさせていただきますが、社長の腕前に驚きと感服をしました)

黒・黄色のギターのキルスイッチは同色にしている

G:まだまだありそうですね。

H:・・・やっぱりストラップピンかな?

G:たしかにそこは洋也さん自身がこだわってますよね。

たしか・・・位置も通常より少し下にずらしてありますよね?

H:それもそうだし、ヒートン使ってたりね。

細かいところだと、ボディの上のほうは外周アールが小さいんだけど、下のほうはフィット感高めるために外周アール大きくしてあったりね。

あと、フロイドローズはドロップD以外にネジをステンレス製の錆びないの変えてあるんだよ。

G:ステンレス製なんてあるんですか?

H:あるんだよぉ。

あれね、とっても錆びるの。だから錆びないように変えてあるの。

フロイドローズもサスティンブロックだったりとか、いろいろなリプレイスメントパーツがあるんだけど、洋也さんのは基本的なネジ関係とDチューナー以外はスタンダード仕様だね。

そうか・・・スイッチ曲げてるなんてのも拘りだね。

そんなところかな?

木を基調としている店内。内装すべて社長がスタッフと作ったという。そういったことからも、ギター製作を任せても安心なのかもしれない。

G:お話し聞いていると、いろいろ考えて作ったのがよくわかりました。そのなかで一番苦労したところは何ですか?

H:ぶっちゃけ・・・黒のギターのCOMBATのロゴ!(笑)

デザイナーに、色は金属のイメージです。って言われちゃって。

普通のインレタとか塗装の塗り分けだと金属的にならないから。本気で何使おうか悩んだよ。で、あるときひらめいた。台所でよく使うステンレス製のもの(笑)だけど、ちょっと厚みがあるからカットするのが綺麗に出来ない。それ用にカッティングマシンまで買ったがなかなかうまくいかなくて相当苦労したんだよ。

G:まさか台所のあれを思いつくその発想がまた凄いですね!

では、Hiroya ギターのお話しはここまでにさせていただいて。

COMBAT GUITARSはここは任せてというところを聞かせていただけますか?もちろんオリジナル作成はお手の物でしょうけど。

H:修理とかメンテナンスかな?

なんといっても作っている所だからね。何でも直せる!もちろんメーカー問わずだし、アコースティックだってやってるよ。

見積もり無料だし、手早く出来ると思います。

G:いろいろとお話しくださいましてありがとうございました。

福田洋也モデルギター・エフェクター

オリジナルギターの製作・その他お問い合わせは下記までご連絡ください

COMBAT GUITARS   http://combat-guitars.com/

COMBAT GUITARS Facebook  https://www.facebook.com/CombatHonda/

直営店 ARMS FACTORY  東京都八王子市八幡町13-1 tel:0426-23-2855